月1回の配信日不定期配信メルマガ『ねこ地蔵便り』をご希望の方はお問合せフォームより

『メルマガ希望』とご記入のうえ、お申込みください。

みなさん、こんにちは。
 
ワテは大阪の弁天町にある喜多陵介が主宰しております『ねこじゃらし』 の最高顧問を務めておりますねこ地蔵でござります。

今日はあの震災からちょうど一年となります。
一年前の震災の翌日の12日に陵介はんは神戸の歌声の現場に行かはりました。
ちょうどニュース速報で原発のメルトダウンが始まったと報道された時間帯に場は何とも言えない空気になったのを覚えておりまする。
 
関西から今出来ることは?
そこに集まっていた人たちはそれぞれ考えておられました。
 
そうしていつものように歌声が始まりました。
陵介はんはまず震災のことに触れはって、一日も早く東北がいつもの姿に戻るよう祈りを込めた1曲を選らばはりました。
 
『青葉城恋歌』
 
あの時集まったみなさんが、心をこめて歌ってはった姿が思い出されます。
まだ復興には時間がかかると思いますが、自分にできることがないか考え実行に移すことを忘れんときたいですなぁ。

そして昨日のねこじゃらしには小学2年生の姪子さんをお連れになった新しいお客さまが来られました。
偶然に昨日は港区の学童のお子さんらもたくさん来て頂き、元気な子供さんの声が響く歌声となりました。
新しいお客さまはある歌のときに歌詞が心に染みたと涙しておられました。
メロディや歌詞が琴線に触れ涙する。
歌の楽しさ、素晴らしさを改めて感じた次第でござります。
 
♪ ねこ地蔵便りからのお知らせ ♪

ねこじゃらし音楽事務所が主催し、この7月にライブを開催することになりました。
秋にホテルインターナショナル主催のディナーショーを開催される歌手さん他数名の歌手さんをお招きしライブハウスで豪華なライブを企画しております。
ピアノはもちろん喜多陵介、宝塚歌劇団出身のドラマー、バークレー音楽大学出身のベーシストのトリオの演奏がライブを盛り上げます。
詳細は今後HPでお知らせしていきたいと思います。
 
http://necojyarasi.jimdo.com/

 

■ 関西のこと ■
 
梅は咲いたか桜はまだかいな。
今年は冬の寒さが厳しおしたから梅の蕾もギュッと縮こんどりましたが、数日前からようやく開いて参りました。
少し前は蝋梅の花が綺麗な花と共に良い香りを漂わせtおりました。
春の花は特に心をウキウキとさせてくれるものでござります。
 
まったく私事でござりますが、2009年12月にオープン致しましたねこじゃらしも3年目の春になりスタッフも増えて参りました。
自称美人揃いの女性スタッフ達も人さまの前に出る仕事ゆえ、見た目を向上させろと陵介はんから指示が出たため、美容院に行ってイメージチェンジしたり、来週はカラーコーディネーターさんをお招きし相談に乗って頂くことになっております。
 
ちょっと自分が体重を落とさはって髪の色を変えたから言うて、陵介はんにもシッカリとオシャレして頂きたいものでございます。
女性スタッフ達は陵介はんだけでなく、ねこじゃらしの事務所もオシャレに整えるべく計画を練っておりまする。
 
お越し頂いたお客さまが今までよりもホッと寛いで、より歌を楽しんで頂ける優しい空間づくりをしている最中でございます。
どうぞお友達をお誘い合わせのうえ、ねこじゃらしに遊びにお越しくださりませ。

♪♪♪ ねこ地蔵便り 2月8日号  ♪♪♪

 

みなさん、おはようございます。
 
ワテは大阪の弁天町にある喜多陵介が主宰しております『ねこじゃらし』 の最高顧問を務めておりますねこ地蔵でござります。
ここ数日暖かくなったかと思うたら、また寒さが厳しゅうなってくるようです。
みなさん、お風邪などひかれたはらしませんやろか? 
寒い日が続くと体が縮こまってきてしまいます。
肩は凝ってくるわ、気分は滅入ってくるわと、寒い時期には冬期ウツっちゅうもんにならはる方も多いそうです。
これは病的なものではなくて、寒さによって縮こまった体の機能低下が心に影響を及ぼしてしまう減少やそうです。
寒いときは、大きい声で楽しゅう歌い、体を芯から温めて心もほっこりさせたいものでござります。
 
今日は弁天町にございます『うたごえ倶楽部ねこじゃらし』のシステムについてお話させて頂こうと思います。
『うたごえ倶楽部ねこじゃらし』の入り口をお入り頂き、靴を脱いでお上がり頂きます。
向かって右手にこのワテ、ねこ地蔵が鎮座しております。
その前がお賽銭箱となっておりまして、ここにお賽銭の千円をお入れ頂き、歌を歌って頂くというシステムでございます。
お賽銭をお入れ頂くごとに、歌が上達するというご利益があると言われているとか、いないとか。
 
ねこじゃらしの常連さんの中にはハモリが上達された方も多く、ご利益と共に楽しい雰囲気でお過ごし頂いていると、ねこ地蔵は自負している次第でござります。お飲み物は各自お好きな時にワンドリンクお召し上がり頂いております。
アルコールもおいてありますさかい、アルコールを飲みながらスイングしながら歌ってくださる方もいらっしゃいます。
そんな感じで和気あいあいと楽しい2時間を過ごして頂けるよう、喜多やこのねこ地蔵をはじめスタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしております。
 
♪ ねこ地蔵便りからのお知らせ ♪
喜多陵介が主催するねこじゃらし音楽事務所のHPが出来上がりました。
ご興味を持たれた方は一度のぞいてくださると嬉しゅうござります。
普段は無表情な喜多が何を考え音楽に取り組んでいるのかなど喜多の拘り、またスタッフの夢なども今後どんどん載せていく予定です。
 
http://necojyarasi.jimdo.com/
■ 関西のこと ■
阪急電車の宝塚線や今津線に乗っておりますと、時々宝塚音楽学院の生徒さんを見かけることがございます。
毎年合格者は45人と競争率が20倍前後の狭き門をくぐらはった彼女らは、その魅力、実力、そして宝塚音楽学院の生徒であるという誇りがそうさせるのでございましょう、人ごみの中でもそこだけスポットライトを受けたように光輝くようでござります。
そんな彼女の中からでも、スターになるのは一握り。
スターと呼ばれる方々というのは、ホンマすごい方なんでしょうなぁ。
 
さて、宝塚には「ブス25か条」なるものが、宝塚劇場に貼ってあるそうです。
少し例をあげてみると
 
1.  笑顔がない.
2. お礼を言わない.
3. 美味しいと言わない.
4. 精気がない.
5. 自信がない.
6. 愚痴をこぼす.
7. 希望や信念がない.
8. いつも周囲が悪いと思っている.
 
など、ワテら一般のものにも耳が痛いことが25か条書いてあるそうでございます。
これらを胸に宝塚の生徒さんらは、スターを目指してますます努力して、美しくならはるのでござりましょうなぁ。
ねこじゃらしの喜多を筆頭にお弟子さんらも、この25か条を参考にしっかり精進してもらいたいものでござります。
 
昔懐かしい上方の船場言葉でお送りするねこ地蔵便り今後もをお楽しみ頂けたら嬉しゅうござります。
まだまだ寒い日が続きますさかい、どうぞみなさんお身体ご自愛頂き、またのお越しをお待ちしとります。 
そうしましたら、今日はここらへんで。 

♪♪♪ ねこ地蔵便り Vol1 ♪♪♪

 

みなさん、始めまして。
 
ワテは大阪の弁天町にある喜多陵介が主宰しております『ねこじゃらし』

の最高顧問を務めておりますねこ地蔵と申します。
 
この度『ねこじゃらし』のことやら喜多陵介の活動のことやらを不定期に

お知らせさせて頂くことと相成りました。
どうぞよろしゅうお願いいたします。
 
『ねこじゃらし』は

主宰 喜多陵介、

弟子 原田富子、

弟子 松原郁子、

弟子 山沢桃子

という構成で成り立っとります。
 
今日は主宰の喜多陵介について紹介させて頂こと思います。
 
年齢47歳と意外に見た目より若いのが特徴です。
以前に比べてスマートにならはったのに加え、近ごろ髪の色を変えてみたりして、

お客様から「色気づいたんとちゃう?」と言われているとかいないとか。

とにかく無類の練習好きで毎日のように『ねこじゃらし』で地味な基礎練習をしてはります。
関東に仕事で行っているときでも空き時間に練習したいとスタジオを探すよう弟子に問い合わせてくる勢いにはワテもいつも驚いております。

他には自慢の自転車で体を鍛えるのが趣味やというては、えらい長距離を自転車で移動してみたりと弟子のみんなだけでなくお客様からも驚かれてはります。
 
ものすごいマイペースなお人やさかいに、弟子のみんながアワアワしているのが

面白い次第でござります。
特に一番弟子の富子ちゃんとの掛け合いはほほえましい限りですのや。
 
『ねこじゃらし』にお越し頂いた方は歌うこと以外にそこらも楽しんで頂けるやもしれませんなあ。
無類のねこ好きで、家では2匹の愛猫にテレテレで『ねこじゃらし』ではワテにテレテレしてはります。
 
あれ、、、よう考えたらねこ以外は、べっぴんさんの弟子さんに囲まれて

ハーレムみたいですなあ、陵介はん。
 
 
■ 関西のこと ■
 
さて、関西では昨日から『えべっさん』が始まっとります。
9日が宵戎(よいえびす)、10日が十日戎(とおかえびす)、11日の今日が残り福と言われとります。
 
十日戎は本戎とも言われ一番人が集まる日でござります。
関西では昼間から縁起ものの笹やの熊手やのを買い求めるサラリーマンの姿もよう見かけます。
 
『商売繁盛笹持ってこい』
可愛らしい福娘さんらの声と共にそろそろ景気がようなるとよろしおますなあ。
 
昔懐かしい上方の船場言葉でお送りするねこ地蔵便り今後もをお楽しみ頂けたら嬉しゅうござります。
まだまだ寒い日が続きますさかい、どうぞみなさんお身体ご自愛頂きまたのお越しをお待ちしとります。
そうしましたら、今日はここらへんで。